文字の大きさを変更 大 中 小

 暑中お見舞い申し上げます

8月になりました。

「葉月」、旧暦では秋になります。8月7日の立秋を過ぎると、残暑見舞いに変わる季節。

でも、炎天が続き、子供たちの「夏休み」、家族は旧盆で帰省の月でもあります。セミ

の声が鳴り響く野山でセミ取りに夢中になった子供のころを思い出します。遊んで、疲れ

て、縁台でトウモロコシやスイカを食べ、昼寝で一休み。

 

夏季休暇で過ごす旅先を探して日本列島を眺めると、名だたる祭りが浮かびます。青森ねぶた、

秋田竿燈、山形花笠、仙台七夕、よさこい祭り、阿波おどり。

終わると、日本は終戦記念日。多大な犠牲を強いた太平洋戦争の反省を込め、不戦の思いを込め

て国民が黙とうをする時です。

そして、お盆。お墓参り、京都五山送り火、地蔵盆と様々な供養の行事が続きます。富士浅間

神社と諏訪神社両社による吉田の火祭りが終わると、蜩(ヒグラシ)が鳴き出す夕暮れも早く

なり始めます。                             

 

一夏、大いに楽しんでください。なお、今夏の暑さは例年になく厳しいため、どうかみなさま、

健康にご留意ください。

「記録はない、記憶はない。 この国の行政組織は大丈夫? 薬害エイズ事件も隠されていた記録が現れた。嘘の塗り重ねは、必ず剥がれ落ちる」  >>