文字の大きさを変更 大 中 小

ジャンル別記事一覧医療情報

[ 新聞記事から目に留まった話題(3) ]

 [新聞整理で、記事の中から目にとまったことを 〈3〉 ] 事務所で保存記事を選択するため、一覧を続けている。 記事の中から、目にとまったことからちょっと考える。 ≪過去の反省をもとに安全監視・モラルを整えつつ、  新(全文へ

[ 新聞記事から目に留まった話題 (2) ]

 [新聞整理で、記事の中から目にとまったことを 〈2〉 ] 事務所で保存記事を選択するため、一覧を続けている。 記事の中から、目にとまったことからちょっと考える。 ≪過去の反省をもとに安全監視・モラルを整えつつ(全文へ

[ 新聞記事から目に留まった話題 (1)]

 [新聞整理で、記事の中から目にとまったことを  〈1〉] 事務所で保存記事を選択するため、一覧を続けている。 記事の中から、目にとまったことからちょっと考える。 ≪過去の反省をもとに安全監視・モラルを整えつつ、  新たな治療法(全文へ

夏本番直前、肝硬変改善の臨床研究で希望を

今日は夏至、昨日から真夏日が続く。東京は快晴の空。 気温は30度を超えて、これから電力不足の夏をどう乗り切るのか 報道はいろいろなところの取材を放映したりしている。 マスコミは節電しているのだろうか? テレビ局も、交代で 休みを(全文へ

節電と医療機関、治療の確保はだいじょうぶ?

花盛りの季節になりましたが、被災地の報道される映像や記事から、美しい東北の春景色は 見出せない。すべて津波にのまれた悲しい光景は、心に受け止めるというよりは、 大きな空洞ができ、悲しみが素通りするくらいの衝撃だ。 もう一つ、INESの評価度(全文へ

本日、北大の小池先生を尋ね、支部のみなとともにお礼に伺う

昨夜、都心が積雪、20時頃から雪は本降り天気予報はやや外れ 今日、2月15日は 札幌に向かうというのに羽田は大丈夫だろうか  それより車が出せるかなと、心配症がこうじてくる札幌では大切な用事がある  北海道ブロック拠点病(全文へ

年明け早々から長崎大で兼松班会議 肝臓深刻

小寒が過ぎ、今朝は外のバケツに氷が張りました。これから長崎へと出掛ける時の、午前6時の気温は1℃。被害者の重複感染(HIV/HCV)重症者の肝臓移植に関わるガイドラインや活動的ネットワークづくりの研究班会議に参加するのと、自分の肝機能の精密(全文へ

血友病の根治療法を目指して

血友病の根治を目指して 合併症克服に関わる研究班の報告会が、主任研究者の大学で開かれた。栃木県に出向き、途中の風景を眺めると、東京近郊でもみられた稲刈り後の藁が 田んぼに扇子のようにたくさん置かれている。隣では、麦が蒼く初々しい葉を出し て(全文へ

1日1回のRAL(アイセントレス)はやや弱い可能性あり

メルク社の発表では初回治療患者でのRAL(アイセントレス)の1日2回内服(400mgを1日2回)と1日1回内服(800mgを1日1回)の比較試験を中断したと発表。770人での比較試験でした。半分は1日2回内服群、半分は1日1回内服群に振り分(全文へ

一部の医師のマスコミ攻撃、なんだろう。

  医師のマスコミ攻撃がすごい。 情報の透明化素人には見えない部分、良いも悪いものを届けてくれる三面記事のようなものはいかがかと思うが、もしかして、多くの人が否定的なところでも、一つの問題提起が何年後課題問題になる端緒になることも(全文へ

臨床医

今までの20年の医師としての職業歴の中で、本当に尊敬できる素晴らしい臨床医は二十人までいかない、というのが当方の印象です。ある側面が素晴らしい医師は沢山いらっしゃいます。診断の完璧な医師、手技が神業の医師、知識が深く広い医師、研究に卓越した(全文へ

20年前、20年後

AIDSという疾患は1981年に米国で認められました。実際には既に世界中に広がっていたと思われます。10年後の1991年に使用できた抗ウイルス薬はAZT(レトロビル)しかありませんでした。この時期はまだHIV感染症=AIDSであり、「AID(全文へ