文字の大きさを変更 大 中 小

最新記事一覧

障がい者アート

障がい者アート

今日、障がい者アートを支援しているキクチさんが訪ねてきた。一年ぶりである。彼は8つの難病を抱えており、心臓病で余命宣告を受けている内部障がい者である。いつ死んでもおかしくない状況で生きているといつも話している。 デザイナーの仕事に長く従事さ(全文へ

暑さ何とかも彼岸まで

秋の彼岸を迎え、うんざりした今夏の猛暑も少しずつだが、沈静化してきた。忘れていた虫の音が、秋を運んできた。敬老の日、母の米寿の祝いと、民生委員の人が祝い金を届けに来た。世相を反映し、できれは直接会ってお祝いしたいと。安否確認が命ぜられている(全文へ

第7回はばたきメモリアルコンサート

第7回はばたきメモリアルコンサート

来年の2月21日(月)に第7回メモリコンサートを開催する。 その計画のため第1回からご協力いただいているピアニストの石岡久乃先生と吉池公美さん、新保公子先生が事務所にお越しになった。 第6回までの反省をもとにより多くの方にコンサートにご来場(全文へ

似顔絵を描いているのは。。。

似顔絵を描いているのは。。。

はばたきブンブンに登場しているのは6人。でも、じつはもう一人、このブログに欠かせない人がいます。それは絵本作家のなかむらしんいちろうさん。著者の似顔絵をすべて描いていただきました。「似顔絵だけど、似てないイラストを」とか、「もっとダメっぽく(全文へ

まつりごと

大学院内の政治が激しい。研究機関であるのにも関わらず、話題の中心は学問や成果を還元する先のことではない。本質を忘れ、その場の感情や論理で動く組織は逆方向に向かって暴走を始める。本家政治の現場でも内閣改造が話題になった。何故入閣を果たしたの(全文へ

HIV感染者の就労 4

HIV感染者の就労 4

某人材紹介会社にHIV感染者の雇用を拡大するためのワークショップの説明を大学生(金髪)と一緒に行った。 先方は中々の反応をみせていた。 いいぞいいぞと話を進め最終的に「弊社でワークショップを行います」と良い返事をもらった。 退席する際「君も(全文へ

セルフマネジメント

昨日、セルフマネジメントの会合があった。 いろんな病気が長期療養が可能になり、病気と上手くつきあうためのツールとして必要性が高まっている。最近、がんや難病などの疾病対策の中でも「セルフマネジメント」という言葉を目にする機会が増えた。 就労支(全文へ

良いニュース、普通のニュース

良いニュース、普通のニュース 一昨日、地方在住の被害者が障害者枠での就職が決まった。再就職だが、奥さんのためにも懸命の職探し、免疫機能障害記載の手帳を使っての就職、連絡を受け事務所一同が「やった!」と歓声。成功例を積み重ねる、これが一番の後(全文へ

菅さん、民主党代表選、民意の象徴・党員やサポーターの圧倒的多数により再選される

  菅さん、民主党代表選、民意の象徴・党員やサポーターの圧倒的多数により再選される    民主党は9月14日午後、臨時党大会を開き、任期満了に伴う民主党代表選で、党所属の国会議員が投票した。また、11日までに郵送された党(全文へ

HIV感染者の就労 3

4年前、社会貢献を行うNGOを訪問したことがあった。 そこの代表は大らかな感じの女性で「HIVはね、難しいと思うわよ。私たちもイベント企画してもね、エコなんかだと参加者多いけれど、HIVだと少ないの」 「今人事や会社の権限を握っている年代っ(全文へ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22