文字の大きさを変更 大 中 小

最新記事一覧

行方不明と計られる人生 2

病院の待ち時間に雑誌を読んでいたら、「お金のない老人は大切にされない」というタイトルが目に入った。 例え身内がいようとも金の切れ目が縁の切れ目とばかりにほっとかれる状態になる、そしてその内の一部の老人が行方不明になっているのではというような(全文へ

秋の空になったのに

厚労省からの帰り道、九段下を過ぎたあたりで、西の空を写真をとっている人がいた。通りかかる人も望遠レンズを指す方向を眺めて行く。ビルの谷間、靖国神社の森のはるか上、羊雲が群れをなしている。まだ眩しい太陽の光がまっ青な空に羊雲を浮き立たせている(全文へ

変わらぬ思い

薬害被害者の聞き取り調査の過程で見えてきたのは、薬害エイズ対策初動期における国の失策だ。昭和五十八年六月、帝京大学・安部英を班長に発足した厚生省エイズ研究班はその鍵を握っていた。しかし、使用禁止の方向で動いたかに見えた非加熱製剤と一号患者認(全文へ

就労ワークショップでのある質問

先日、現在HIV感染者の採用を考えているある企業を訪問して、HIV感染者の就労ワークショップを行いました。今回は人事の方を対象に、約1時間ほど、私とエイズ治療・研究開発センターの潟永博之医師とで伺いました。このコンビでのワークショップはこれ(全文へ

暑い夏の日

  八月十五日、終戦記念日。米軍沖縄上陸の最前線、渡嘉敷島の強制集団自決。   この悲劇を体験として証言する人が、今も語り部として存命する。   しかし、実体験をウソだ、書面記録がないなど、否定する権力者。 &(全文へ

行方不明と計られる人生 

行方不明と計られる人生 

ちょっと前に100歳以上の行方不明者が全国で続出した。 すごいこともあるものだとニュースを耳にしていたが、本当にこんなことがあっていいのであろうか。 さて、弟の差し金(紹介)で保険屋さんが来た。 私の人生設計をしてくれた。「何歳まで生きる予(全文へ

やらなくては!

今日は父の七回忌。墓参りのあと、東京タワーのごく足下の料理屋で老母を囲んで昼食を楽しむ。ビルに囲まれた中庭の池には水の流れに錦鯉が元気に泳ぎ回り、塩辛とんぼが水面をペアで飛び交う。池の向こうには萩が秋の準備をととのえている。昨日は今日の墓参(全文へ

格闘?

柏の木の門かぶり、見上げるとこの暑さで毛虫がついた。高枝切りで毛虫のついた枝を切取るための格闘。外猫の餌皿、朝夕一日二回餌をやるが、困ったことに余った餌を楽しみにゴキブリがパーティーを開く。このゴキブリを叩くための格闘。ちなみに、日々、何か(全文へ

iPad、使ってます

iPad、使ってます

8月30日、無事オープンされたブログ「はばたきブンブン」。制作にお願いしたのはアイディデザインの楡木和広さん。素人の無茶な注文にもきっちり答えたいただいて、素晴らしいページが出来上がりました。そしてオープン当日、楡木さんにお越しいただいて、(全文へ

難病と言われたら

難病の患者・家族の方への情報サイトに関わっている。はじめて病気を告げられたときに、少しでもお役にたてることを目的としたものだ。難病という病気は明確に定義されているわけではなく、国内においては厚生労働省の「難治性疾患克服研究事業」により研究対(全文へ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22