文字の大きさを変更 大 中 小

最新記事一覧

真夏の暑さ、散髪ですっきり

真夏の散髪 35度を記録し続けている今夏、日曜の昼下がり 熱くて床屋へ足を運ぶ人はいないだろうと 空いているのを期待していて長年通う床屋に入った 調髪中の3人の他は誰も待っていない 当たりだった  5分も待たない内に(全文へ

帰宅への道すがら、首相官邸周辺を通り過ぎる  不安、怒りを示した静かなエネルギーの蓄積は、永田町を席巻する

帰宅への道すがら、首相官邸周辺を通り 首都高速 神谷町方面に向かう 15年以上通う道   その間に自民党の政権から民主党へ変わった 民主党政権になって警備が厳重になったのに 自由が無くなるのは変だなと 違(全文へ

ツバメ 3羽 先日 朝、無事巣立った  元気でと、みんなの温かい声援

◇ ツバメ、巣立った  はばたきのあるビルの駐車場軒下につくった小さな巣    最初は4羽孵化した  しかし、巣が小さく一羽は途中で落ちてしまい  残った3羽が無事に巣立って欲しいと祈る思いで見守っていた  (全文へ

ツバメのヒナが3羽、誕生  いいことあるぞ  

ツバメのヒナが誕生 7月2日、出勤してくると、掃除のおばさんがツバメ生まれたみたい と報告。声がしないのよねと心配そう。 遠くから眺めると、確かにビルのガレージにつくられた巣に 2羽が天井に向かって口を開いているのが見えた。 (全文へ

自然の恩恵を活かしてみる 我が家もソーラー発電

  太陽光発電   屋根の手直しの機会に、ソーラーパネルをのっけるには 最適という屋根の形もあり、我が家の発電を スタートさせることにした   節電、自然エネルギーによる売電、脱原発、 電力(全文へ

医療の役割はますます小さくなっていくような・・・

今週の日曜日(4月15日)、医療基本法の制定をテーマとしたシンポジウムに行ってきました。法制定に向けて取り組みを進めている市民団体や医療政策研究者、日本医師会の発表、さらに立法府側から民主党、自由民主党、公明党、みんなの党、日本共産党、(全文へ

さくら さくら 心も淡い桜色

桜霞のような景色におおわれた東京、空は晴天 例年よりも10日以上遅い、桜の季節でした。 昨日がピークだったのかもしれませんが、今朝、皇居の堀の水面は、花が 散って、また美しい。 日曜日は近所の音楽家の家で、桜によせたピアノ独奏会(全文へ

春の声 足取り軽く みんなで協働で事業をより新しく

  3月29日は薬害エイズ裁判和解の日。例年その日か前倒しで土曜日に 和解記念集会を行っている。今年は、少し早い24日の土曜日に16回 目の集会を行った。 いつもだと、桜の花が咲いていたり、満開で散りそうな時に当たって(全文へ

早咲き桜が開花 ようやく、感じる「春」が到来 でも、被害者救済医療はコートで身を守っている状況

ようやく春だと感じるこの頃 北の丸付近の陽当たりのよいところでは、早咲きの桜が開花している。 でも今年の冬は寒かった。 いつもなら、スリーシーズンコート姿で通勤する人の姿に見慣れていたが、 寒さが厳しかった今年は、ウールのコート(全文へ

早、3月。次年度への出発準備完了... いざ"はばたき"ロケット点火

なかなか春の陽気が続くことがない。あっという間に、3月。 2月はメモリアルコンサートや年度末に集中している研究班 報告など、いろいろストレスがたまることいっぱい。 ところで、2月は心臓の大動脈狭窄の検査のため入院、すると 被害者(全文へ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23