文字の大きさを変更 大 中 小

最新記事一覧

久しぶりのお客さま

久しぶりに厚生労働省で活躍された人がはばたきの事務所に来ました。時々、現役の方も激励に来てくれます。 「陰ながら、できることがあれば言ってくださいね」と温かい言葉をいただいた。 嬉しかった。 昨日は、3月までアルバイトをしていて、(全文へ

今朝、空から降ってきたもの

最寄りの駅まで、いつも自転車に乗っています。今日も、ふだんと同じように自転車を漕いでいたら、カゴの中に突然空から何かがドスン!と落ちてきました。 それはネズミ。大きさにして20センチくらいで、かなりの大きさでした。たぶん、電線で感電死(全文へ

≪ 今年の日本はどうしたこと  大雨、洪水、大地震、大津波、そして原発大事故...≫

 [ 9月に入り、台風は大きな被害をもたらしました。 気候は     急に秋めいた空とともに、朝晩は冷たいくらいの空気が ] 9月、今頃になってやっと朝晩の冷ややかな気温に生き返る感じです。 8月は珍しいくらいにミンミン蝉がなき、(全文へ

震災後の友人

震災後、韓国人の友人は母国へ帰っていった。その友人が一時帰国であるが日本に戻ってきた。 東京で会社員として働いていた友人は現在、韓国で700坪の土地を借りて畑仕事をしていると言った。そしてこれからもっと拡大していくつもりらしい。 4(全文へ

はばたきブンブン1年経った。日本は政権与党、フレッシュな新代表選出

  昨年8月30日、はばたきブンブンが世に出た。 1年が経過、その間、はばたきオフィシャル・ホームページがようやく全面リニューアル。 新規事業も着々に準備を重ねていたが、自然の猛威、大震災と大津波が東北を襲い、放射能を軽(全文へ

≪献血記念、そして 献血推進のための効果的な広報戦略等の開発研究班参加≫

≪ 献血記念日の翌日、献血推進のための効果的な広報戦略等の開発に関する研究会参加から ≫ 8月21日は献血記念日。ライシャワー米国駐日大使が刺されてその手術で使った輸血用血液で肝炎になった「ライシャワー事件」後、1964年の8月21日(全文へ

≪ 土曜日、夏の旅のあと... ≫ 

土曜日、夏の旅のあと、冷蔵庫の食糧補充などスーパーへ買い出し、スーツケースや旅行用品の片づけ、おっと今月当番のごみネットの片づけもあった。 足が痛くて引きずって歩いていても、家事は例外がない。 8月12日、釈迦誕生2600年、キ(全文へ

病気を抱えて老いるということ

医療の進歩で難病と言われる病気も長期療養が可能になりつつあります・・・  先日、血友病も30年後には約半数が50歳以上になると報じられていました。専門医の多くは小児科なので、今後は複数の診療科や医療従(全文へ

再稼働

大震災が発生して数ヶ月。 周囲に色んな変化が出てきた。 これまでボランティアに関心のなかった仲間たちは、堰を切ったかのごとく、被災地へと向かい、 師と仰ぐ方は大量の学生を現場に労働力として送り続けている。 短い滞在のために、(全文へ

大臣が出席して、献血血液で国内自給を徹底すると宣言すべき

 暑い、真っ青な空から烈しい熱波、 34度は当たりまえ 山形で開催された第47回献血推進運動全国大会へ行った。   福島から入った山形新幹線周辺の自然は美しいが、 山形市もかなり暑い。   (全文へ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22