文字の大きさを変更 大 中 小

著者一覧Deco-Jayco

  • Deco-Jayco
著者名
Deco-Jayco
略歴

ひょんなことがきっかけで「血友病」や「HIV/AIDS」とかかわることになる。キーワードは『こども』と『教育』この2つを絡め活動をしている。

この著者の最新記事

ささやかな幸運

前から気になっていたパン屋さんに行った。欲しかった食パンが私の前のお客さんで売り切れた。ショック。近くに住む友人宅に(全文へ

エンディングノートと母の思い

母とエンディングノートの話をした。生命保険や延命措置、お葬式などなど細かいことも話した。因みに母は健康そのもの。少し(全文へ

エンデの『3つの鏡』から得たヒント

  モモの作者、ミヒャエル・エンデの『3つの鏡』という本を読んだ。「事実は知っておくべきです。しかしそれ(全文へ

耳掃除ですっきり! でもその本音は?

年の離れた友人の夫(85歳)が、これまた友人の耳鼻咽喉科医師に耳掃除をしてもらった。長い綿棒をオリーブオイルで浸し、(全文へ

初詣のおみくじは?

近くの神社へ初詣に出かけた。年始めに恒例のおみくじをひいた。なんと自分の誕生日の番号で『吉』だった。「照る月の 影も(全文へ

師走の喜び

3年前、国際エイズ学会がメキシコで開催された。その学会の数日前に日本でメキシコシティ在住のキューバ人を紹介された。 (全文へ

頭に柿の木

実家から柿が届いた。実家の庭の柿の木は毎年多くの実をつける。 もう7~8年前のことだろうか、久しぶりに実家に帰ると(全文へ

きんもくせいの香り

はばたき事務所までの通勤途中、きんもくせいの香りがして朝からとても良い気分になる。 実家の裏庭にも、きんもくせいの(全文へ

久しぶりのお客さま

久しぶりに厚生労働省で活躍された人がはばたきの事務所に来ました。時々、現役の方も激励に来てくれます。 「陰ながら、(全文へ

震災後の友人

震災後、韓国人の友人は母国へ帰っていった。その友人が一時帰国であるが日本に戻ってきた。 東京で会社員として働いてい(全文へ

アサダジロウ

出張でよく飛行機を利用する。JALを選ぶことが多い。 理由は親類や実家の向かいのお嬢さんがJALの客室乗務員だから(全文へ

過去をふりかえってみる

はばたき事務所の4Fにあるライブラリーをがさ入れしている。 薬害HIV感染被害の事実を知るために、まずは過去の患者(全文へ