文字の大きさを変更 大 中 小

最新記事一覧

晩秋の週末、三鷹の森を訪ねる

  井の頭公園の端、三鷹ジブリの森美術館に行った バリアフリーで、足の悪い私には助かった いい年でと思われようが、宮崎駿の世界に触れるには 良い経験だった   大勢の家族連れ、若い二人連れに混じって 1(全文へ

休日の都心 秋の装い  人のエネルギーは空っぽ

勤労感謝の日 晩秋の都心まで車で走る 目黒の自然教育園の木々は欅やイチョウが美しい 日比谷公園もすっかり秋の景色 皇居前から東京駅に続くイチョウ並木はまだ黄金色には 少し間がある 昔は、このあたり、働く人たちのデモ行進や労働改(全文へ

[ 新聞記事から目に留まった話題(3) ]

 [新聞整理で、記事の中から目にとまったことを 〈3〉 ] 事務所で保存記事を選択するため、一覧を続けている。 記事の中から、目にとまったことからちょっと考える。 ≪過去の反省をもとに安全監視・モラルを整えつつ、  新(全文へ

[ 新聞記事から目に留まった話題 (2) ]

 [新聞整理で、記事の中から目にとまったことを 〈2〉 ] 事務所で保存記事を選択するため、一覧を続けている。 記事の中から、目にとまったことからちょっと考える。 ≪過去の反省をもとに安全監視・モラルを整えつつ(全文へ

[ 新聞記事から目に留まった話題 (1)]

 [新聞整理で、記事の中から目にとまったことを  〈1〉] 事務所で保存記事を選択するため、一覧を続けている。 記事の中から、目にとまったことからちょっと考える。 ≪過去の反省をもとに安全監視・モラルを整えつつ、  新たな治療法(全文へ

頭に柿の木

実家から柿が届いた。実家の庭の柿の木は毎年多くの実をつける。 もう7~8年前のことだろうか、久しぶりに実家に帰ると、父親の頭に大きな絆創膏が貼ってあったので「どうしたの?」と聞いたが返事がない。 母親に聞いたところによると、秋晴れの(全文へ

[ 秋は 思い感じることを 深く考えてしまう季節だな、やっぱり ]

秋は感覚がより研ぎ澄まされ、思い、考えが深まる季節…  若い感覚の日本画的な絵画の個展に青梅近くの瑞穂町まで行ってみた  耕心館という江戸時代の豪農の建物を町が多目的に活用している  個展と同時にミニコンサートを楽し(全文へ

秋と冬が同時に到来?

秋と冬が同時に到来? 群馬県境の2000m級の山々に初冠雪、例年より 23日早い 蔵王でも吹雪、札幌郊外の峠で10cmの積雪 昨年に比べて…23ー24日早いと報道された 山は紅葉の準備の最中なのに、初雪できっとナナ(全文へ

きんもくせいの香り

はばたき事務所までの通勤途中、きんもくせいの香りがして朝からとても良い気分になる。 実家の裏庭にも、きんもくせいの木があって香りをかぐと小さい頃を思い出す。 ちょっと元気がない時やがんばらなきゃいけない時、私はその木に触れてエネルギ(全文へ

[ 北の自然に触れつつ、いろいろ思う ]

  ≪ 久しぶりに、北海道の道東を車で駆け巡る ≫   女満別空港でレンタカーに乗り   一泊2日、走行距離は670キロ。   現在のコンパクトカー、よく走り、燃費は抜群に良い   知床半島を廻り、サロマ湖や能取湖周辺を (全文へ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23