文字の大きさを変更 大 中 小

最新記事一覧

「 倫理感 大切にして欲しいこと  ...多いな 」

あまりに倫理感、人心のない社会  東京医科大学茨城医療センター病院が保険診療の不正請求で 保険医療機関の登録の取り消し処分を受け、患者に多大な迷惑 が発生。患者はどうしてくれると、怒りを行政と医療機関側に 同時に向(全文へ

消費税、社会保障での使い道は限定的とは  難病対策で患者団体から意見を述べる日に参加して

 ≪難病対策で患者団体から意見を述べる日≫  難病対策が枠を広げた柔軟な考え方で進んでいる    外山健康局長のもと、患者参加の対応が進んでいた    8月18日、当日は50団体が厚労省への要望を1団体3分で 述べる機会があ(全文へ

 その日の最終上映を観にふらりと。 実はぜひ観たかった映画「最強の二人」を楽しみ、心の琴線に触れた良い日

9月2日の夜、最終上映の映画を見に 日比谷の東宝シャンテに出かけた フランス映画の「最強の二人」を観た 昨日初公開で、本当はその時見たかったが チケット完売で  今日となった 大好きなポップコーンの大きな紙バ(全文へ

関東・東北で今夏、雨不足。自然を敬うことで、地球の美しさは永遠に

少し前のことになるが、 9月1日は十数日ぶりにまとまった雨 夏の終盤の暑さが続き   暑いあついと閉口していた 首都圏を賄う利根川水系もとの   貯水池やダム湖は だいぶん干上がってきたた(全文へ

残暑、蝉の声 脱原発の世論が多い 日本中に白い風船を上げようよ

残暑  厳しい 処暑も過ぎ  そろそろ暑さもおさまるころなのに セミはにぎやかだ  みんみん蝉  つくつく法師  あぶら蝉 夏休み最後の頃から、昔よく聞いた 蜩(ひぐらし)はまだ(全文へ

患者中心の医療は、たなざらし?  だれが被害救済制度や第三者委員会、薬害被害をないがしろ!

厚労省検討会 抗がん剤救済制度は、8月6日の「抗がん剤等による健康被害の救済 に関する検討会」で、『現時点では制度の導入について具体的に判断することはでき ない』と救済制度を見送る内容の案を取りまとめた。但し、政府は実現可能性に(全文へ

真夏の暑さ、散髪ですっきり

真夏の散髪 35度を記録し続けている今夏、日曜の昼下がり 熱くて床屋へ足を運ぶ人はいないだろうと 空いているのを期待していて長年通う床屋に入った 調髪中の3人の他は誰も待っていない 当たりだった  5分も待たない内に(全文へ

帰宅への道すがら、首相官邸周辺を通り過ぎる  不安、怒りを示した静かなエネルギーの蓄積は、永田町を席巻する

帰宅への道すがら、首相官邸周辺を通り 首都高速 神谷町方面に向かう 15年以上通う道   その間に自民党の政権から民主党へ変わった 民主党政権になって警備が厳重になったのに 自由が無くなるのは変だなと 違(全文へ

ツバメ 3羽 先日 朝、無事巣立った  元気でと、みんなの温かい声援

◇ ツバメ、巣立った  はばたきのあるビルの駐車場軒下につくった小さな巣    最初は4羽孵化した  しかし、巣が小さく一羽は途中で落ちてしまい  残った3羽が無事に巣立って欲しいと祈る思いで見守っていた  (全文へ

ツバメのヒナが3羽、誕生  いいことあるぞ  

ツバメのヒナが誕生 7月2日、出勤してくると、掃除のおばさんがツバメ生まれたみたい と報告。声がしないのよねと心配そう。 遠くから眺めると、確かにビルのガレージにつくられた巣に 2羽が天井に向かって口を開いているのが見えた。 (全文へ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22